HOME > 樹脂版

製版

昭和31年創業の豊富な実績とノウハウで高品質な仕上がりをお約束します

アナログ・CTPどちらも対応

缶・プラスチック・ビジネスフォームなど様々な用途に対応いたします
シール・ラベル用、ビジネスフォーム用、缶・発泡・プラスチック用など多彩な用途に対応できるよう数種類の樹脂板をご用意しております。またアナログとCTP製版のどちらにも対応いたします。

対応ができる用途

シール・ラベル、伝票類(見積書、請求書のひながた等)、缶・発泡・プラスチック用

対応ができる用途

  • 翌日発送可能午前中入稿のデジタルデータは製版後、翌日に発送いたします。 (ただしデータが複雑な場合、翌日以降になることもあります)
  • あらゆる機種機械のタイプによってトラッピングの強弱をつけたり、適合した版材をお選びします。
  • データを長期的に保管使用したデータは、お客様のご希望により次回ご利用の際に活かせるように保存します。ネガの場合も同じく保存いたします。
  • CTP版より高品質な原稿にはCTP製版で対応します。また、特に指示がない場合175線で製版いたします。
  • FMスクリーンに対応機械の種類(タイプ)によって分色や縮小率を変えたりして適した版材をお選びします。
  • バーコード検証原稿にバーコードがある場合は製版後にバーコードチェッカーで読み取りの検証をおこないます。

主な納入実績

  • 発泡カップへの印刷
    発泡カップ用に缶・プラスチック用の樹脂板をカーリングして納品させていただきました。
  • 発砲カップへの事例
    発泡カップの事例
  • 金属金属プレートに貼付けられた樹脂版

事例
CTP樹脂版で作成されたシールの事例

シールの印刷
シール用にCTP樹脂板で製版し納品させていただきました。

案内状や案内ハガキ用

名刺・案内状への印刷
名刺・案内用に活版印刷で使う樹脂板を製版し納品させていただきました。

製版の流れとこだわり

  • 工程.01専任のDTPスタッフが迅速・正確に版下データの作成を行います。
  • 工程.02 CTPマシーンにて樹脂板を作成。ハイレベルなアミ点の再現、文字のボケがなくシャープな仕上がりが可能。
  • 工程.03時間との勝負。面付けされた版は、各担当者ごとに手際良く切り分けを行います。
  • 工程.04主露光を行い、洗浄します。その後UVを使い、版を硬化させます。
  • 工程.05熟練スタッフが仕上がりを目視で確認します。
  • 工程.06版は印刷物とは違い、文字等が反転しているため、目視だけではチェックが不十分。実際に校正刷を行い、最終的な仕上がりを厳しくチェックします。

ご用意のある樹脂版

製品名 版厚 硬度 特長 アミ点
GL-L9D(CTP版) 0.95ミリ 55 シール・ラベル印刷用 175線(1~95%)
GL-L9X(CTP版) 0.95ミリ 55 シール・ラベル印刷用 175線(1~95%)
GL-L9S2(CTP版) 0.95ミリ 30 ビジネスフォーム用 150線(2~95%)
WS95HⅡ(アナログ版) 0.95ミリ 65 缶・プラスチック印刷用 175線(2~95%)
WF95CHⅡ(アナログ版) 0.95ミリ 70 シール・ラベル印刷用 175線(2~95%)
WF95BⅡ(アナログ版) 0.95ミリ 40 ビジネスフォーム用 150線(5~95%)
WF70BⅡ(アナログ版) 0.7ミリ 40 ビジネスフォーム用 150線(5~95%)
WF200RⅡ(アナログ版) 2ミリ 20 裏カーボン印刷用 150線(5~95%)

樹脂版の料金表

樹脂版 @12 100cm²を最低とし、最低単価1,200円
樹脂版丸版 @15 100cm²を最低とし、最低単価1,500円

※完全データを支給していただいた場合の価格です。
データを当社で作成したり、大幅な修正が必要な場合には別途お見積りさせていただきます。

※消費税、送料は含まれておりません。

納期目安

樹脂版 午前中に入稿分 翌日発送
樹脂板丸版・CTP 午前中に入稿分 翌日発送

配送

代金引換

樹脂版の製版は、送料がかかります。

※お支払い総額は、郵便局代引き「商品代金+送料+代引き手数料(260円)」の合計金額となります。


銀行振り込み(前振込み)

ご注文後、下記の口座にお振込みください。
(振り込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます)

<振込先>
福岡銀行 吉塚支店 当座 20207

返品・交換について

当社の手違いや不良品以外についてはお受けできません。また、お客様の都合によりキャンセルされる場合はそれまでの実費をご負担いただきますことをご了承くださいますようお願い申し上げます。

▲TOPへ戻る